仮想通貨IOSTはどこで買うべきか

仮想通貨を購入する際、国内外に取引所がありますがどこを利用しますか?

ビットコインは仮想通貨の基軸の通貨ともなるのでビットコインを買い、海外で送金するという方も多いと思います。

手数料を抑えた一番良い買い方はどんなものがあるでしょうか?

今回はIOSTを購入する際についてはにかむが思うことを伝えたいと思います。

日本でIOSTが購入できるのはコインチェックとOKCoin Japanの2つ

日本の取引所でIOSTを購入できるのはコインチェックOKCoin Japanがあります。

コインチェックは多くの仮想通貨を取り扱っている国内の仮想通貨取引所です。

しかし、取引手数料が高いといった声もあります。

OKCoin Japanは最近にIOSTを上場させた国内の取引所です。

あまり日本でも知られていない仮想通貨取引所かもしれませんが、コインチェックよりも手数料を抑えて購入できます。

ここまでのまとめ

国内の仮想通貨取引所でIOSTを買う事ができるのはコインチェックとOKCoin Japan!

コインチェックで買う場合

コインチェックで買う場合IOSTは現在価格の5%高く購入すると考えてよいでしょう。

価格変動が激しいときは約10%程度もあるみたいです。

つまり1IOSTが6円だとしたら購入する時の価格は6.3円です。

10%もある場合は0.66円にまで高くなってしまいます。

その時のレートで日本円で6000円分(1000IOST)買おうとした場合、実際には6300円分払わなくてはいけません。

国内で買うならOKCoin Japanがオススメ!

国内でIOSTを買う事ができる取引所にはコインチェックとOKCoin Japanがあります。

OKCoin JapanでIOSTを売り買いする場合の取引手数料が最大でも0.14%とコインチェックよりもお得に売り買いする事ができます。

さらには今現在キャンペーンを行っており、登録後に1万円以上の入金で1000円分(10%)ものビットコインがもらえます。

IOSTを購入するついでに1000円分のビットコインがもらえるのはお得です。

OKCoin Japanの登録はこちら

ここまでのまとめ

国内でIOSTを買うならOKCoin Japanが一番お得!

今ならビットコインももらえるみたい!

海外取引所vs国内取引所

今現在、IOSTを買う方法は基本的に2種類あります。

  1. 国内取引所でアルトコインを買い、海外取引所に送金、その後IOSTを買う
  2. 国内取引所で直接IOSTを買う

仮想通貨に慣れているなら国内でアルトを買う送金→海外取引所でもOK

海外仮想通貨は取引手数料が安く済ませられる事があるため、利用するユーザーが多いです。

海外の仮想通貨取引所で買うことでたくさんの銘柄に対応する事ができます。

海外取引所では世界で最も人気でセキュリティもしっかりしているBINANCEの利用をお勧めします。

世界最大手取引所のBINANCEでは国内取引所にはない有望な仮想通貨がスプレッド無しで売買できます

メールアドレスで簡単登録でき、さらに永年10%OFFクーポンもついてきます!

バイナンスの登録はこちら

海外取引所で買う場合

基本的に海外取引所で買う場合、まずは日本の取引所でビットコインやその他の仮想通貨を買った後に海外取引所に送金し、海外取引所でIOSTを買うという形になります。

ビットバンクの場合、リップルやライトコインを購入しBINANCEに送るのが安く済みます。

ビットフライヤーの場合、ステラルーメンやリップルが送金無料の為、BINANCEに送る際安く済みます。

国内の仮想通貨取引所で取り扱っている仮想通貨の送金手数料について調べたものが以下の表になります

(2021/09/21)現在のデータ

ビットバンクの送金手数料

入金手数料出金手数料
BTC(ビットコイン)無料0.0006 BTC(約2800円)
LTC(ライトコイン)無料0.001 LTC(約17円)
XRP(リップル)無料0.15 XRP(約15円)
ETH(イーサリアム)無料0.005 ETH(約1660円)

参照(https://bitbank.cc/docs/fees)

ビットフライヤーの送金手数料

送金手数料
BTC(ビットコイン)0.0004 BTC(約1860円)
ETH(イーサリアム)0.005 ETH(約1660円)
BCH(ビットコインキャッシュ)0.0002 BCH(約11円)
ETC(イーサリアムクラシック)0.005 ETC(約27円)
LTC(ライトコイン)0.001 LTC(約17円)
LSK(リスク)0.1 LSK(約34円)
XRP(リップル)無料
BAT(ベーシックアテンショントークン)5 BAT(約355円)
XLM(ステラルーメン)無料
XEM(ネム)3 XEM(約51円)
XTZ(テゾス)0.1 XTZ(約57円)

参照(https://bitflyer.com/ja-jp/commission)

計算をして自分に合った買い方を!

日本の取引所であるコインチェックでIOSTをスプレッドが最大で10%があると考えた場合、10万円分購入すれば11万円必要となります。

すでにその時点で1万円損をしてしまっているわけなのでその金額以上を運用する方はコインチェック以外のビットバンクなどの取引所で仮想通貨を買い、BINANCEでIOSTに変えた方がだいぶ安く済みます。

4万円のIOSTをコインチェックで購入しようとした際にスプレッドが10%もあったら4000円分の損をしてしまうことになります。

そのため国内でIOSTを買うとするならばOKCoin Japanが一番オススメであると言えます。

国内取引所のコインチェックを利用する場合手数料が大幅にかかってしまうのでその時点でOKCoin Japanか、BINANCEで購入した方が安く済みます。

簡単にまとめると

  • 仮想通貨にあまり慣れていない人は国内取引所のOKCoin JapanでIOSTを買う
  • 仮想通貨をある程度知っており、国内にはない仮想通貨も扱ってみたい人はBinanceでIOSTを買う

今後仮想通貨を利用していく上では送金などの知識は必須になるのでこの際にBINANCEに送金し、覚えてしまうというのも良いと思います。

まとめ|IOST買うなら

国内取引所→OKCoin Japan

国内で唯一、手数料を抑えてIOSTを購入する事ができる仮想通貨取引所。

海外取引所→バイナンス

仮想通貨をする上で知らない人はいないといわれるほどの海外取引所。多くの仮想通貨を取り扱っており、メールアドレスを登録するだけで仮想通貨を取引することができます。

大手海外取引所『BINANCE』

世界最大手取引所のBINANCEでは国内取引所にはない有望な仮想通貨がスプレッド無しで売買できます

メールアドレスで簡単登録でき、さらに永年10%OFFクーポンもついています!

バイナンスの登録はこちら

使い方についても解説しているのでぜひご覧ください↓

【バイナンスの教科書!】BINANCEの登録方法、入出金やセキュリティ設定、仮想通貨の買い方まで使い方を徹底解説!