初心者でも海外取引所を使う方法が知れる!メリット・デメリットに加え、資産を守る方法まで解説

海外取引所を利用する方の多くは日本の取引所では得られないメリットのためといった方が多いと思います。

「仮想通貨は国内でしか買ったことがない、、、」

「海外取引所を利用したいけどコワイ、、、」

そういった方に向けた記事です。

仮想通貨初心者の方もこの記事を読むことで自分にとって海外取引所は必要なのか、どういったメリット・デメリットがあるのかを把握する事ができます。

海外取引所を利用する人はこんな人!

海外の仮想通貨を利用する方の多くは「日本の取引所で取り扱っていない仮想通貨を買いたい!」といった方が大半です。

それに加え、取引手数料が安いこと、トレードが好きな方にとっては自分に合わせたレバレッジをかけられる自由度が高いというメリットがあげられます。

海外の取引所では数百種類の仮想通貨を扱っている取引所もあり、仮想通貨を売買する上で選択肢が日本に比べて幅広いです。

海外取引所には数百種類の仮想通貨を取り扱う世界でトップのバイナンスや将来的に有望な仮想通貨の上場が早いMEXC(MXC)などがあります。

一方で海外取引所を利用する上では知っておかなければならないリスクも当然あります。

海外取引所を利用する上でのデメリットについても解説していきます。

知っておきたい海外取引所のリスク(デメリット)

ここではいくつかの具体的な例を挙げてリスクを紹介していきます。

間違ったチェーンで送金してしまった

間違ったチェーンで送金

Aさんは取引所が対応してないチェーンで仮想通貨を送ってしまいました。

チェーンの違う仮想通貨を送ってしまった場合にその取引所は対応してくれず、資産を全て失ってしまいました。

例えば、イーサリアムを扱う際に様々なチェーンで送金ができます。このチェーンを間違えて送金してしまうと取引所側は対応しないことがほとんどです。そのため、Aさんは送金した分の仮想通貨を全て失ってしまいました。

これは海外の取引所に限った話では無く、基本的の国内でもリスクや費用の面からも見て対応してくれないと思います。

そのため、送金ミスによる動かせない仮想通貨が沢山あります。

十分に送金の際は注意し、少額で送金してから資産を移すなどの対策が必要です。

問い合わせが英語しか対応していない場合がある

問い合わせでコミュニケーションが取れない

Bさんは、海外取引所の問い合わせに日本語で連絡しましたが運営側は英語でコミュニケーションをとり、コミュニケーションが円滑に進まなかった。

今の時代、優秀な翻訳機が世の中にはたくさんあるのであまり問題にならないかもしれませんが、取引所側のアプリなどは日本語に対応していても問い合わせの方は英語でしか返信してこないといったことも十分にあります。

何らかの問題が起こった場合は、英語で対応しなければならないことがあると理解しておく必要があります。

多くは日本の金融庁からの認可を受けていない

海外取引所の多くは日本の金融庁からの認可を受けていません。

そのためもし資産に何かしらの問題が起きても自己責任と一言で終わらせられる事がほとんどです。

自分の資産を守るためにも自分なりの工夫が必要です。

また、これは滅多にないとは思われますが中にはアカウント自体をバンされ、利用できなくなることもあるようです。

そのため海外取引所でもある程度のユーザーを取り扱っている信頼性の高いところを利用する必要があります。

海外取引所を扱う上で資産を守る具体的な対処法

最近では「自分の取引所はそれぞれの国に準拠に従いしっかりとした対応を行います」という海外取引所の動きがあります。

そのため、認可されていない国では利用不可にする動きや本人確認を必須とする動きがあります。

最近では世界でトップの海外取引所のバイナンスが本人確認を必須としたことや、FTXが日本人の新規登録者を制限した事が挙げられます。

(参考:大手仮想通貨取引所FTX、日本国居住者の新規登録を制限か

(参考:仮想通貨取引所バイナンス、全取引ユーザーの本人確認(KYC)義務化へ

日本人が急に利用できなくなることはないとは思いますが、資産の移動など対応が必要になる場合もあるかもしれません。

そうでは無くとも自分の資産を自分の管理下にできるだけおくことは資産を守る上で重要なことです。

海外取引所を利用する上で自分の資産を守る具体的な対処法として

  • 取引をあまりしない場合はハッキングのリスクも考え、自分のウォレットに移す
  • 送金の際は少額で試しに送る・確認を怠らない
  • 仮想通貨メディアで取引所に関する情報を定期的に把握する

などが最低限あげられます。

ここまでいくつかリスクをお伝えしましたが海外取引所のセキュリティ面などでは日本の取引所よりも信頼できる取引所も多いのく、丁寧な対応の取引所もあるのでそこまでこわがら無くても良いかとは思います。

自分に合った取引所を選択することが必要です。

海外取引所を利用するメリット

やはり何といっても海外取引所を利用するメリットは仮想通貨の取り扱う種類が圧倒的に多いといった理由です。

日本の取引所では仮想通貨を十数種類取り扱っていれば多い方ですが、海外は桁が違く、何百種類と取り扱っています。

当然、海外取引所の仮想通貨はしっかりとした審査を行ったうえで上場しています。

日本の取引所よりも送金手数料などを含めた手数料が安い場合が多く、仮想通貨を預けて利息を得るステーキングや仮想通貨の種類ごとにまとめたインデックスなど様々な商品やサービスが多いので仮想通貨を扱う楽しさも感じられるかと思います。

  • 数百種類の仮想通貨の取扱数
  • 手数料の安さ
  • しっかりしたセキュリティ
  • 多くのユーザー・取引量

このように海外取引所はメリットも多く存在します。

海外取引所には日本語に対応した取引所もあり、アプリも日本語対応しているものもあります。

海外取引所を利用するならまずはここ(初心者向け)

やはり、海外の仮想通貨取引所で圧倒的な信頼性を持っているのはバイナンスだと感じます。

セキュリティ面や手数料、仮想通貨の多さ、日本語の対応やユーザー数・取引量の規模など世界でもトップです。

本人確認が必要となりますが、海外取引所はここ一つで十分というぐらいの様々な仮想通貨の取引が可能です。

  • 日本語対応
  • 手数料の安さ
  • ユーザー数・取引量の信頼性
  • しっかりしたセキュリティ
  • 数百種類の仮想通貨
  • レバレッジ取引にも対応

バイナンスの登録はこちら

中級者向け海外仮想通貨取引所(本人確認なし)

海外仮想通貨取引所であるMEXC(MXC)では仮想通貨をいち早く上場させています。

そのため、他の大手の取引所に上場する前に仕込んでおく事が可能です。

現物取引だけでも十分なリターンを狙えます。

ある程度仮想通貨を選定するスキルが求められるため、中級者向けとしています。

本人確認は必要なく取引ができるので、日本の取引所やウォレットから仮想通貨を送金すれば即日で取引が可能です。

  • 日本語対応
  • 早期の仮想通貨上場
  • 他の取引所では扱っていない仮想通貨が購入可能
  • 様々なチェーンに対応
  • 即日取引

MEXC(MXC)の登録はこちら

まとめ|海外取引所を利用するなら資産管理は大事

海外取引所を利用するメリットとして、セキュリティの高さ、豊富な仮想通貨の取扱数、多くのユーザー・取引量、手数料の安さなどがあげられます。

デメリットでは日本語に非対応だったり、金融庁からの認可を受けていなかったりするため資産に関しては自己責任であったりします。

そのため、海外の仮想通貨を取り扱う上で自分の資産を守る対策をする事が大事です。

先ほど紹介した海外取引所に関しての記事もいくつかありますのでご覧ください↓

バイナンス

【バイナンスの教科書!】BINANCEの登録方法、入出金やセキュリティ設定、仮想通貨の買い方まで使い方を徹底解説!

MEXC(MXC)

MEXC(MXC)の登録/口座開設方法を完全ガイド|有望な仮想通貨をいち早く上場する取引所! 【2021/10/20最新アップデート対応】MXC(MEXC)取引所の公式スマホアプリをダウンロード・利用する方法