海外取引所を簡単理解!バイナンスで仮想通貨を取引するメリットとデメリット

今回はBSCやパンケーキで有名になっている海外大手取引所BINANCEの利用についてのメリット・デメリットを紹介したいと思います。

この記事を読むことで、

「バイナンスを使う意味ってあるの?」

「みんながバイナンスを使っている理由は?」

といった内容を簡単に知ることができます。

BINANCEとは

BINANCEとは海外大手取引所の一つです。

豊富な仮想通貨の取り扱い数だけでなく、現物取引/デリバティブ取引、そのほかにも多くのサービスがあります。

最近ではバイナンスの仮想通貨であるBNBが取引量でビットコイン、イーサリアムに次ぐ第3位まで急上昇しています。その他にも中央集権的な故にサービスが充実しています。

盛り上がっているパンケーキ職人やとても便利でコスパの良いハードウォレットであるSafepalなどここにきて大きく注目を浴びています。

仮想通貨を始めたばかりの人で送金などの仕方が理解できる人はメールアドレスで口座を開設できるので簡単に利用することができます。

バイナンスに仮想通貨を送金し、気になる銘柄を探ってみるとよいかもしれません。

バイナンスの取引手数料永続10%OFFにする↓

使い方などに関する記事も出していますのでぜひご覧ください↓

【バイナンスの教科書!】BINANCEの登録方法、入出金やセキュリティ設定、仮想通貨の買い方まで使い方を徹底解説!

バイナンスを利用するメリット

アカウント作成が比較的簡単

バイナンスではメールアドレスを登録するだけでアカウント作成ができます。

本人確認が必要となりますが日本に比べて素早い対応で本人確認をしてくれます。

そういった点ではストレスフリーでアカウントを作成できます。

アプリも日本語対応

バイナンスでは日本語に対応しており、アプリでも日本語で利用することが可能です。

そのため、意味がわからずに操作を誤ってしまったというリスクを抑えることができます。

取り扱い仮想通貨が多い

バイナンスでは数百種類以上の仮想通貨の取り扱いをしています。

日本の取引所にはない仮想通貨を扱うことができ、プロジェクトなどに期待されている仮想通貨も多く扱われています。

BNBもバイナンスで購入することができます。

様々なチェーンに対応

バイナンスでは様々なチェーンに対応しています。

BSCを始めとし、PolygonやSOLなどユーザーがよく使うチェーンに対応しているため、DeFiなどを利用したい際のハブとして使用したりウォレットに送金するなど利用用途の幅が広がります。

取引手数料が安い

バイナンスの取引手数料は0.1%です。

さらにここから取引量やBNB保有量に応じて手数料がさらに安くなっていきます。

それだけでなくスプレッド(売り手と買い手の差)ががないため余計な手数料をかけずに取引ができます。

さらに手数料をBNBで払うと登録から1年間は手数料が50%OFFになります。

バイナンスの取引手数料永続10%OFFにする↓

バイナンスのデメリット

日本の仮想通貨交換業登録を済ませていない

日本では仮想通貨取引所を運営する上で必要とされる仮想通貨交換業登録をバイナンスは完了していません。

なので金融庁の管理下にないため、資産に何らかの問題が起きても自己責任となる状況にあります。

日本円の入出金ができない

バイナンスは海外の取引所で日本円からの入金や出金に対応していません。

なので取引をする場合はBTCなどの仮想通貨をアカウントのウォレットに入金する必要があります。

仮想通貨の送金を挟むところが少し面倒な点ではあります。

日本の取引所との違い

取り扱う仮想通貨の違い

バイナンスは仮想通貨を数百種類取り扱っているのに対し、日本の取引所では多くても十数種類しかありません。

取引量が桁違い

日本の取引所は日本人が利用しますが、バイナンスは世界中の人から利用されるため取引量が桁違いに多くなっています。

これはアクティブなユーザー数や取引量など多くの信頼性を日頃から培ってきた現れとも言えます。

サービスの量の違い

バイナンスでは様々な仮想通貨を取り扱っているのに加え、様々なサービスが存在します。

仮想通貨を預けて借り入れができるほか、仮想通貨をロックして利益を得るステーキングなど幅広いサービスを取り扱っています。

問い合わせの違い

バイナンスが様々な点で優っているように見える部分がありますが、必ずしもそんなことはありません。

仮想通貨を始めたての方などにとっては、しっかりと日本人が電話などで対応してくれる日本の取引所は海外の取引所であるバイナンスより親しみやすく対応してもらうことができます。

今回のまとめ

バイナンスは?

日本人からの利用者も多く、セキュリティも信頼性がある取引所で

スマホアプリも日本語に対応しており、手数料も抑えて様々な仮想通貨の取引ができるいうことは日本の取引所にはない大きなメリットです。

しかし日本の取引所にもメリット・デメリットと様々な面があり、バイナンスを始めとする海外取引所も同様です。

メリットやデメリットをしっかりと把握した上で、自分にあった仮想通貨取引所の選択が重要であると考えられます。

バイナンスの取引手数料永続10%OFFにする↓